商品のキー・ワード
ルイヴィトン情報!

ルイヴィトン 高額人気バッグの歴史

●歴史の紹介
・1854年 創業者 ルイヴィトンが荷造り用の木箱職人としてルイ・ヴィトン社を創立

ルイヴィトンのキャンバス素材の積み重ねられるトランクを作成しました、これがルイヴィトンの原点で今も発売されている木製のトランクが後に登場します。
・1888年 ルイヴィトン 市松模様のダミエ柄考案
・1896年 ルイヴィトン モノグラム柄発売開始
・1924年 ルイヴィトン 折りたたむ事が出来る画期的な「キーポル」発売
・1978年 ルイ・ヴィトン社が日本に上陸
・1985年 ルイヴィトン エピラインが誕生
・1993年 ルイヴィトン タイガラインが誕生
・1996年 一旦生産ストップとなっていたルイヴィトン「ダミエ」柄を再発売
・2000年 ミレニアム品としてルイヴィトン「ダミエ・ソバージュ」ルイヴィトン「モノグラムグラセ」登場

ルイヴィトンは老舗ブランドのイメージが強いのですが、日本では意外なほど短い歴史であるという事に気付きます。


ルイヴィトンの素材/メンテナンスについて

ルイヴィトン「モノグラム・キャンバス」
キャンバス素材ですので、湿度や高温には敏感な反応を起こします。特に温度には敏感で長時間高温の場所で保管するとエッジ周りの接着剤がにじみ出たり、表面の波うちが表れます。
軽い汚れは固く絞った柔らかい布で拭き取る事が出来ます。

ルイヴィトン「ダミエ・キャンバス」
モノグラムキャンバスと全く同様にお取り扱い下さいませ。

ルイヴィトン「マルチカラー」
モノグラム・キャンバスにシルクスクリーンによるプリントが施されているルイヴィトンです。
基本的にはプリントが剥がれてしまうような事は殆ど聞かれないくらい精度の高いプリント技術です。
「グラフティー」「パンダ柄」「チェリー柄」も同様です。軽い汚れは固く絞った柔らかい布で拭き取る事が出来ます。

ルイヴィトン「ヴェルニ」
ルイヴィトンでは数少ない型押し素材です。型押しとは言うもののルイヴィトンを象徴するロゴが型押しされています。カーフ素材に型押しし、その上にエナメル加工が施されています。
発色も綺麗でカラーバリエーションも豊富ですが、時間が経過すると色焼けは避けられません。また通常の使用でも「スポット」と呼ばれる黒いシミのようなものが表れる事がございます。
特殊な素材ですので、紙に張り付いてしまったり、色移りする事がございますので、ルイヴィトンの中でもデリケートな素材です。

・ルイヴィトン「タイガ」
高級カーフ素材に細かい型押しが施された男性向けルイヴィトンのコレクションラインです。
皮革製品ですので、高温と湿度には敏感ですので、保管状態には十分ご留意ください。夏場などはストラップなどから色移りすることもございます。

・ルイヴィトン「エピ」
エピとはフランス語で「麦の穂」の意味で文字通り麦の穂を束ねたように見えます。クロム塩と植物タンニンでなめした後に染色して仕上げたルイヴィトンのカーフ素材です。
比較的型崩れなども起きにくく、使い勝手の良い素材です。お色次第で男女ともにご使用頂けます。

・ルイヴィトン「スハリ」
ルイヴィトンの素材の中でも唯一「ヤギ」革素材です。きめ細やかな型押しで高級感もたっぷりです。

・ルイヴィトン「ヌメ革」
植物性のタンニンでなめしただけの自然な風合いです。素材自体は非常にデリケートで時間が刑するだけでドンドンあめ色に変化していきます。一般的には「焼け」と表現されますが、正確には湿度に反応するもののようです。真っ暗のたんすの中に入れていても湿気があれば色は変わっていきます。表面加工はございませんのでシミや水滴などが付いてしまうと拭き取ることは出来ませんが、時間の経過で同化していきます。




ブランドセール激安市場 VUITTON (ヴィトン)專門店   お問合せ先:info@bagll.net   小野 貴子
営業時間:09:00〜24:00 年中無休
Copyright (C) 2002-2014 bagll.net All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている画像テキストコピーなどの無断複製、無断転載を禁じます。